美鈴が丘ってどんな街? (世帯と人口)

美鈴が丘の人口と世帯数


昭和53年から分譲が始まりましたので一番古い方(失礼)は39年住まわれている事になります。
当時35歳でしたら現在74歳ですね。


広島市のベッドタウンとして多い時は毎年200戸余りの分譲をしてきた三井不動産、当時販売に携わった関係者から購入者はサラリーマンの方で30歳代の購入が一番多いと聞きました。
1994年まで分譲されましたのでこの最後の年に買われた当時35歳の方は今年58歳ですね。

その後は三井ホームが建築条件付きで注文住宅を建築したり、地主さんが不動産会社へ売却して建売住宅が分譲されたりしています。
今も幾つか新築分譲住宅が有ります。


出る方と入ってくる方


15年前までは転勤で売却される方も多くありましたが、最近のご売却理由は子供の側に転居されたり、街中のマンションへ買い替えられたりと高齢化を理由とするものが増えて参りました。
そこに若いご夫婦が入ってこられています。多いのは美鈴が丘で育った美鈴が丘二世の方と呼ばれるご夫婦です。
広島市の他の団地と比べて若い世代が入ってくる希な団地となっています。


美鈴が丘団地の世帯数と人口


2016年12月末現在の世帯と人口についてみてみます。
・世帯数 4,115世帯、人口 9,902人
  日本人 4,096世帯、外国人 19世帯
  日本人 9,872人、外国人 30人
  男 4,601人、女 4,301人
・年少人口(0歳〜14歳)1,145人(11.6%)
・生産年齢人口(15歳〜64歳)5,208人(52.6%)
・老年人口(65歳以上)3,549人(35.8%)

児童生徒数
・6歳〜11歳 507人
・12歳〜14歳 235人

高齢者
・70歳〜79歳 1352人
・80歳〜89歳 615人
・90歳以上 151人(100歳以上 3人)

美鈴が丘も例外では無く高齢者の割合が高い地域となっています。
そこに入ってくる若い世代、もっともっと多くの若い世代の方に入ってきて欲しいですね。

今回は美鈴が丘の世帯と人口についてのお話しでした。

美鈴が丘の不動産情報ならアットホームにお任せ下さい。
ご売却・ご購入のご依頼をお待ちしています。